人気スポット神楽坂の料亭やレストランで
結納やお顔合わせのご会食
”専任の結納プランナーが全てサポート”
―“美味しい”と“お洒落”が見つかる街 東京のプチパリ「神楽坂」―
花の都東京のど真ん中に「凛」とたたずむ、粋と文化の残る街。遠くからかすかに響く三味の音。石畳を一歩一歩踏みしめながら、江戸の情緒を懐かしむ。横丁と路地の街は、古い伝統と新しいカルチャーが交差する文化と芸術のラビリンス。料亭・割烹・フレンチレストラン・ビストロ・カフェ・バー・・・
和の雰囲気ただよう花街には、リセや日仏学院に通うフランス人も多く、モンマルトルに似ているとも言われるゆえん。なぜだかしっくりとこの街と調和する。ちょっとした発見にちょっとした嬉しさが込みあげてくる。そんな楽しみのいっぱい詰まった街、神楽坂で想い出に残る素敵な結納・お顔合わせの会食を。
結納とは?
両家婚姻の儀式。結んで納めるとうい文字どおり、両家は親戚となり結びついた事を祝い、贈り物を納める儀式です。
結納を済ませると「結婚をする」約束を交わしたことになります。両家でお二人の結婚を約束し合い、親睦を深める結納や顔合わせのお食事会を情緒あふれる神楽坂で。
結納説明
【結納を執り行う時期は?】
結婚式・入籍の3か月〜1年以内の間に執り行うのが主流です。
【結納の方法は?】
- 男性側のご家族から女性側のご家族へ「結納品」を -

衣裳や嫁入り道具など結婚の準備として結納金を贈ります。

また縁起物をセットにした「結納五品目/七品目/九品目」「受書」「家族書」等を贈ります。

さらに婚約記念品として婚約指輪や時計なども贈られるケースもあります。

- 女性側のご家族から男性側のご家族へ「結納返し」を -

「受書」と一般的に結納金の半額を贈ります。
またネクタイや腕時計のほか、家具や家電など新生活に役立つ品物を贈るのが一般的な結納返しとされています。

※上記説明は一例です。地域や習慣、形式によって異なります。詳しくはご相談下さいませ。

神楽坂ウェディングでは、専任の結納プランナーが当日はもちろんのこと、
しきたりやマナー等、詳しくご案内させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

■ 基本結納セットプラン ■

結納5品目

日の出五品目 28,250円
−含まれるもの−
長熨斗/目録/金包/友白髪/末広/白木台/筆耕料/介添人
※七品目・九品目もご用意がございます

■ 結納オプション ■
ご要望に応じてオプションをお選び頂けます

日の出受書セット -12,500円 
受書は結納品を収めた時に相手方の受納した証の受書です。
【内容】長熨斗/受書/末広/白木台/筆耕料
 日の出指輪飾り -5,600円 
婚約指輪を結納品に添える場合に使用します。
【内容】指輪台/水引き飾り
 風呂敷(三巾) -2,500円 
五品目、七品目、受書セットの風呂敷です(朱色/紺色)。
 風呂敷(四巾) -4,000円 
五品目、七品目、受書セットの風呂敷です(朱色/紺色)。
神楽坂で結納・顔合わせができる
会場はこちら

前田
前田
結納【前田
純和風の繊細な造りの空間と、和食一筋30年の経験を生かした料理長による四季折々の伝統懐石料理で、ゆったりとした至福のひとときをおもてなし致します。紅葉のそよぐ小庭を囲むように配された客間の障子や天井には美しい細工が施され、大きな窓と吹き抜けのあるカウンター席、細部にまでこだわった造りの茶室など、大小の個室が用意され、日本建築の贅を尽くした癒しとやすらぎを感じる空間となっております。 お料理を提供させて頂くのは、数々の名店で料理長として技を磨き続けてきた山内政治。吟味された食材が織りなす季節感溢れる豪華な盛り付けと、自らが器選びからこだわる繊細さに、提供される料理も一層美味しくご堪能いただけます。
ゆかわ
ゆかわ
結納【ゆかわ
神楽坂の石畳。裏通りの淡い行灯の光に誘われてひっそりと佇む一軒家。 「ゆかわ」では、四季の織りなす旬な食材と空間にこだわり、 メインのお肉は、希少な黒毛和牛『かつべ牛(島根県産)』、 『萬幻豚(静岡県産)』を、贅沢に卓上鉄板焼きでご提供。2階建ての一軒家を改装し、席は完全個室で1階には5つの個室、2階には6つの個室を設け、それぞれ特徴の異なった個室をご用意しております。知る人ぞ知るような店づくりと 周りを気にせずにお食事を楽しんで頂ける空間作りにとことんこだわっております。都会の喧騒を離れ、特別なシーンに大切な方とのゆったりとした時間をお過ごしください。
ラリアンス
ラリアンス
結納【ラリアンス
神楽坂の入口に佇む、料理に定評のあるレストランを1日2組限定で貸切に!天然素材の温もりを感じられるチャペルほか、赤城神社などの提携神社や近隣の教会での挙式もスムーズにご案内致します。披露宴は、15mもの天井高を誇る吹抜けの空間で。優しい光が降り注ぐ天窓や、優雅な入場を彩る大階段がカップルに喜ばれています。 また、おもてなしに欠かせない料理は、フレンチと和のテイストを融合させたフランコジャポネ。特選牛フィレ&フォアグラを無料で味わえるフェアにぜひご参加下さい。
鳥茶屋
鳥茶屋
結納【鳥茶屋
古くは花街として、また文士の街として栄えた神楽坂。その小道をひとつ入ると、昔は芸者さんがななめ向いの銭湯に行った後、この道を通ったと云われる「芸者小道」。神楽坂で最も美しく、独特な雰囲気が残るその石畳の途中に構える「別亭 鳥茶屋」。店内に一歩足を踏み入れた瞬間から、そこは別世界。タイムスリップしたような、神楽坂の情緒が漂う店内で、こだわりの関西料理に舌鼓を打ちながら、晴れの一日を「賑やかに」「和やかに」お過ごし頂けます。また、芸者小道の坂下は、小栗横丁、別名泉鏡花通り。昔ながらの銭湯や牛乳屋、豆腐屋さん等が軒を連ねていますので、どこか懐かしさの感じられる周辺の風情、ふとした郷愁に誘われます。
志満金
志満金
結納【志満金
140年創業。神楽坂で長い歴史を引き継ぐうなぎ割烹「志満金」。 気品ある器や調度品。志満金の和食には日本の心がすみずみまで染み渡っています。創業以来、一世紀を越える長い歴史と伝統の手練の技を守り続ける志満金が、自信を持って演出した会席料理でもてなす結婚式。厳選された食材、色鮮やかな盛付け、格調ある器、贅を尽くした豪華な料理を心ゆくまでお楽しみ下さい。
幸本
幸本
結納【幸本
神楽坂通りから一歩路地を入る。薄明かりに照らされた石畳が広がり、そこには時を超えた古き良き瞬間に出会う喜びが。創業六十年を超える歴史ある神楽坂の料亭「幸本」。優雅なひとときと粋なおもてなし。四季折々の旬食材をふんだんに使い、「おもてなしの心」と「匠の技」が紡ぎだす彩り豊かな会席料理。由緒ある料亭で修業を重ねた料理人が日本料理の美と心を形にして、すべてのお客様にご提供させていただきます。東京が誇る五花街「神楽坂」幸本で心に残る一日を。
うを徳
うを徳
結納【うを徳
文明開化の時代に創業。文豪・泉鏡花が初代・萩原徳次郎氏の侠気と料理を愛し、著作『婦系図』で魚屋「めの惣」として登場させたという逸話も残る老舗「うを徳」。以降、親から子へと魂と技は引き継がれ、明治、大正、昭和、平成と時代は移り変わっても、繊細な旬の魚の味と香りを活かし、奥ゆかしい彩りに仕立てあげた料理の数々をその日に最良の献立としてご提供。ミシュラン9年連続1ッ星。歴史を感じさせる店内で情緒あふれる最良の一日を。
牧
結納【
江戸時代の情緒が残る神楽坂。本多横丁を入って左を見渡せばそこは見返り横丁。その細い路地の先に佇む料亭「牧」。江戸の名工ならびに現代の名工にも選ばれた包丁人「高橋幸男」が腕によりをかけてもてなす日本料理。厳選された素材を用い、一品一品丁寧な仕事で仕上げられた料理の数々。器、しつらえ、もてなす者たちのこころ。古くから伝わる日本ならではのおもてなし文化。花柳界はその「おもてなし文化」の頂点でなければならないという誇り。料亭「牧」は、繊細でありながら華やかでもある日本料理の世界を無限に広げさせてくれる、格式の高い神楽坂が誇る料亭の一つです。
坂の上レストラン
坂の上レストラン
結納【坂の上レストラン
神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」。築50年の風情ある古民家を改装した一軒家で楽しむ極上のオリジナルイタリアン。靴のまま利用できる1階にはカジュアルなバールスペースと坪庭を望むダイニングスペース。靴を脱いで利用する2階には趣の異なる8つの個室を設け、総席数は67席。シェフ自らが足を運び厳選した鎌倉野菜を中心に、和の新鮮野菜が前菜・パスタを美しく彩ります。京都の老舗旅館に来たような、古きよき時代の面影を残す自慢の個室。結納やお顔合わせの席でご利用いただいております。